スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ミステリーサラ』1月号発売中です

 久し振りの日記です。二ヶ月続けて41Pづつ二本描いてました。ハードだったー。
 20日には一応上がって、入稿してたんですが、もうヘロヘロで日記もほったらかし。
 だめですねー。もっとしゃきっとしないと。

 13日に発売された『ミステリーサラ』1月号に載ってます。
 タイトルは『えー、怪談を一席』若手落語家さんのお話です。
 怪談とタイトルについていますがコメディです♪

 ここ二年ほどコミカライズの仕事よりオリジナルのお仕事中心だったので、そろそろネタ不足で「どうしよう…ここはまず描きたいものを…うーん、男物の着物いいな。着物の上にコート…トンビなんかもいいなあ」とか、そこから始めたネタでした。
 それと、最近は若手芸人さんが夏によく怪談話をしていて、そういう設定もいいかなと思って。
 ま。内容はコメディなんですが。。

kaidan3

 若い落語家さんとベテランの師匠とでは、所作がやはり違うので、主人公の招吉を描くために若手でイケメンの 落語家、桂三四郎さんの画像や落語を参考にしました。
 
kaidan

 師匠のモデルは月亭八方師匠。顔を似せているわけではないのですが、雰囲気そう思っていただければ。
 リョータはモノを使っての一人コント芸人。陣内智則くんみたいな感じです。

kaidan2

 これもなかなか厳しいスケジュールでしたが、コミカルなシーンは描いていて楽しみでした。
 芸人さんのお話また描きたいです。
 
 来月1月13日発売の『ミステリーサラ』1月号では、久し振りに『彼岸渡航査定人』を描いております。
 二ヶ月続けてよろしくです♪

 そろそろ次のネタも考えないと。と掃除しながら考えてます。
 仕事が上がると今度は主婦業が忙しい。そろそろお正月の準備にかからなくては。

 皆様はどんな年末をお過ごしですか?




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。