スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

工場見学に行きたくなった

浅見光彦ミステリースペシャル『鞆の浦殺人事件』がKindle版で発売されました。

浅見光彦 二色

まんが王国】【Renta!】でも読んでいただけます。よろしくお願いします。

先日『夜の巷を徘徊する』を見ていて。
マツコさんが歩くのは千葉県にある工業地域。巨大な製鉄所の中でした。
それを見ながら一昨年描いた『鞆の浦殺人事件』を思い出していました。

場所は違いますが物語の主軸になったのは広島での鉄が支えた工場地帯の反映と衰退でした。
そしてそれに関わった人たちの人間模様が事件につながっていきます。

高度成長期をいろんな意味で支えた鉄。
テレビに映された製鉄の様子は重厚で荘厳な感じがしました。

以前から夜の工場地帯見学のナイトクルーズツアーを探していましたが、ますます行きたくなりましたわ。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。