緊張しました(o^。^o)

「中学校の文芸部で漫画についてのお話をしてもらえませんか?」
と、娘が通う高校でのPTAの役員でご一緒しているOさんからのお話。
Oさんの二人目のお嬢さんが通う中学校の文芸部ではイラストを描くお嬢さんが多いとのこと。

私なんかに務まるかどうかとは思いましたが、我流ながら漫画講座を開かせていただきました。

漫画もイラストもまずは目で見てもらうことが一番かなと思い、読みきり作品をプロットから下描きと原稿のコピーを丸々一作品と、コメディ漫画の下描きと原稿のコピーなどを用意。
手元にある生原稿も見やすいようにクリアファイルに入れて用意。
せっかくだしコピックマーカーも持っていって使ってもらおうと、生徒さんにも作品のコピーを用意してもらいました。

そこへいつも使っている道具などが加わるとなかなかの重量の荷物になりましたが、Oさんに手伝ってもらって文芸部のお嬢さんたちの待つ教室へ。

ひとりひとりの作品を拝見しましたが、みんな個性的で楽しいイラストでした。
コピックマーカーで着色してもらってる間に文芸部で発行されている冊子なども拝見したのですが、自由な発想とのびのびとした表現だと思いました。

仕上がったイラストはモノクロの時とはまた雰囲気が大きく変わって、面白かったです。
モノクロイラストにも個性が出ますが、カラーになるとさらに際立つ感じです。
みんな上手だわー。マーカーを持つ手が生き生きとしていて、こちらも楽しくなりました。

いやーそれにしてもトークには緊張しました。
仕事のこと、日常のこと色々しゃべらせていただきましたが、うまく話せたのかな?私?
これからそろそろ高校への進路などを考える時期。
少し参考にしていただけたら幸いかなと思いました。

ひとりひとりの感想なども聞けて楽しい時間でした。
ただ楽しくて描いていた学生時代を思い出させていただきました。

しゃべったり説明したりでいっぱいいっぱいだったので写真撮ったりするの忘れてたなー。
こんど皆さんの冊子などをいただけるようなので、楽しみに待つことにします。

文芸部のみなさん、つたない講座でしたがご清聴ありがとうございました。

拍手にコメントありがとうございました!お返事は追記に書かせて頂きました。
さうざんどさま
いやー、もう何しゃべったか緊張していたのでおぼろげです。
部員さんの父兄の方々も来られるかもとも言われていたので心臓バクバクでしたが、生徒さんたちだけでほっとしてました。
一応子供の頃から描くのが好きだったこととか、絵を描く楽しさをおしゃべりさせていただきました(o^。^o)
スポンサーサイト
プロフィール

黒川晋

Author:黒川晋
主婦兼漫画描き。ローペースで仕事しております。
アッパーはUPPER。
仕事と家事に追われる日常ですが、ちょっとだけ気分は上向きで楽しく!

拍手をポチッと押してくださると、とっても嬉しい♪一言送っていただけると、なお嬉しい♪
メールフォームもぜひ、ご利用しちゃってください♪

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QR