『北野恒富展』とオフ会と

昨日あべのハルカス美術館の『北野恒富展』に。

2017 06 24 1

青もみじのと舞妓さんの対比が素晴らしい「戯れ」じっくり見てきました。
「ちちんぷいぷい」で南光師匠が24日で展示内容が一部変わるとおっしゃってたのでこれは行っておこうと。
「戯れ」も後半には展示されないようなので。

2017 06 24 2

このチラシの写真は以前滋賀県立近代美術館で展示された時のもの。
2003年のものだからもう14年前のものですがあまりに美しくてずっと持っておりました。

しかし今回一番惹きつけられたのは「道行」という近松門左衛門の『心中天の網島』をモチーフにした屏風絵。
心中を決めた二人の。
それでも血の通った指先のほの赤さが鬼気迫ります。

図録を見ると見ていない作品も。
25日以降の展示なんだなーとちょっと残念でした。


さて夕方からはもうひとつのメインイベント関西横溝オフ会に!
初めて参加いたしました。

横溝作品は書籍も映像も大好きです。
石坂金田一・稲垣金田一も大好きですが特に馴染みがあって大好きなのは古谷金田一W(`0`)W
重厚な横溝作品のドラマも大好きなのですが特に単発ドラマのお楽しみは

・スタスタとたたみ掛けるように消されていく登場人物
・「何であんたが知ってるねん」な伏線
・で、イマイチ解決されないまま運んでいくストーリー
・いきなり出て来てなかなかの重要人物

と他にも色々\(^o^)/

金田一さん大好きな方々との時間はほんとに楽しかったです。
誘ってくださったMさん感謝です。
スポンサーサイト

書いていたような気分になっていた

ツイッターとか他のお知らせでついこのブログにも書いていたような気になっていましたが。
書いていませんでした。愛猫が増えたこと(〃▽〃)

家の実家まわりに昨年末ぐらいからうろうろしていた三毛サビの仔猫。
すごいハスキーな低い声で鳴くのと中々の面構えで仮に「鬼奴」とか「奴ちゃん」と呼んでおりました。

koume 2017 06 20 1

ご飯を欲しがるものの中々そばには寄らず、このまま外猫で世話をするにしても避妊手術はしないといけないしでと人に慣れさせるまでにかなり時間がかかりました。

昨年末から寒い中、ガオガオと声を枯らして餌をねだってきたのが三毛サビ。
なんとか家の勝手口でご飯を食べるようにして、次に物干しの場所で食べることと外猫家に入ることを教えて、ようやく撫でるところまでこぎつけて2月に避妊手術に連れて行きました。

耳カットはそのときに。
家に上げるつもりでも野良でしたから嫌がって飛び出してしまうかもしれないし、そうなると保護されたサインが必要なので入れることにしました。

写真はまだてなづけはじめのころ。

寝そべっているのは手術後ちょっと慣れてきた頃です。

koume 2017 06 20 2

最初は家の暮らしに戸惑っていましたがトイレも寝床もすぐになれて晴れてうちの猫になりました。

名前は小梅です。
白い前足の先が白梅の花のようで可愛いのです。

それに先住猫が桜子なので次にやってくる子は「梅」の文字をつけたいなーと思っていたところも有りましたので。

sakurako 2017 06 20 1

さて。その先住猫の桜子。美しくプライドは富士山のように高く。

sakurako 2017 06 20 2

まあ。仕方ないですが今のところ仲が悪いです。
悪くてもケンカしないでくれたらいいなと思ってますが威嚇合戦は続いています。
なんとか長期計画で懐柔していって欲しいなーと。ほほほほ。

koume 2017 06 20 3

そしてうちの子になって四ヶ月目の小梅。ぽってりとしたお腹になってしまいました。
ま。元気だしちょっとぽっちゃりでもいいかなー。

三室戸寺の紫陽花と鳳凰堂と

京都の宇治に行ってきました。
かねてから三室戸寺のあじさい園に行きたくて。

ニュースで見るたびに綺麗だなと思っていたのですがなかなか行けなかったのです。
そんなに遠くないのにタイミングが合わなくて。
出不精脱却を目指している今年やっと実現しました。

2017 06 15 ugi1

2017 06 15 ugi2

よい天気で日差しがまぶしく陰影がくっきり。

2017 06 15 ugi3

2017 06 15 ugi4

ちょっと暑くて…いや大変暑くて。
少し曇ってくれないかなーと思いつつ散策。
紫陽花はどれも涼しげで色の濃いのも薄いのも涼しげでした。

でもちょっと降って欲しいところだったかと。微妙に葉っぱに元気が無いのもありましたから。
ざっと降った雨を勢いよく吸収したいという風情でした(-∀-)

2017 06 15 ugi5

2017 06 15 ugi8

暑かったので園内のカフェであじさいパフェを戴きました。
お店はとても大繁盛。涼しげなメニューがいっぱいで飛ぶように売れておりましたよ。

あじさいを堪能した三室戸寺を後にして。宇治の平等院にも参拝しました。
鳳凰堂内部も見学しまして阿弥陀如来坐像も間近で拝観することができました。
ほんとうに美しいお姿です。
高い位置にいらっしゃる雲中供養菩薩のお姿も美しいこと。

2017 06 15 ugi6

2017 06 15 ugi7

それにしても。やはり暑かった。
美しい鳳凰堂を眺めながら極楽浄土に行けそうなぐらい暑かったです。

ですので平等院ミュージアム鳳翔館の冷えた館内が嬉しかった。ここもまた極楽浄土でした。
こちらでも貴重な展示が拝観できますがやはり見ごたえがあるのは雲中供養菩薩像の数々です。
何とも美しい。そして素晴らしい躍動感。音楽が聞こえてきそうです。

以前『かぐや姫の物語』を見たときにはこちらの雲中供養菩薩像を想い、またこのたび雲中供養菩薩像を見ては『かぐや姫の物語』を想いました。

2017 06 15 ugi10

ミュージアムショップできっちり写真集を。

2017 06 15 ugi9

暑かったですがとても充実した宇治の日帰り旅行でした。
抹茶のスイーツも堪能。やはり茶所ですね。美味しかったです。

ちょっと日焼けしてしまいましたが(〃▽〃)

ただいま発売中です

ミステリーサラ 2017年 7月号ただいま発売中です。
「黒猫貸します」の最新作が載っております。

2017 06 14 三辻と三匹

今回もドタバタがあって。ほろっとして笑っていただけると嬉しいです。
「黒猫貸します」はミステリーですが基本ほのぼの路線で描いております。
少しシリアスな方向のお話も考え中。
近々お披露目できれば嬉しいです。

ただいま発売中のミステリーブラン2017年7月号にも「黒猫貸します」の総集編が載っております。
こちらもどうぞよろしく。

あなたが体験した怖い話7月号には新耳袋「うしおんな」の後半が。
HONKOWA〈霊障ファイル・ゴーストスポット特集〉2017年6月号には読者体験談「恐怖は雨音とともに」が再録されています。

くぐっと宣伝させていただきました( ̄^ ̄)ゞ
どの本も楽しんでいただけるとうれしいなー♪

さてただいま久しぶりに。ほんとに久しぶりにホラー漫画を描いてます。
ミステリーサラ9月号に掲載予定です!


初夏の奈良町

初夏の緑美しい奈良に友人のNさんとY山さんとY田さんを誘いました。
『春日大社と奈良町ツアー』首謀者は私です。

2017 06 10 nara1

奈良町散策中心ですがやはり奈良にお越しいただいたからには神社仏閣のひとつは行きましょうと春日大社へ。
日差しが有りましたが風が爽やか。気持ちのよい参拝になりました。

奈良町はただいま『にゃらまち猫祭り』が開催されていて町には猫ものがいっぱい。
猫好きには嬉しいイベントでした。

2017 06 10 nara2

『なら格子の家』の中庭。日差しが綺麗。
町家カフェ『カナカナ』でお昼を戴いてあちこちお店を回って、町家見学をして。
数日前から回るルートを考えてご案内しましたがやはり案内しきれませんでした。
奈良町ほんとに広くて色々あって楽しいです。

2017 06 10 nara3

奈良町からの帰りに奈良市観光センターの前を通ってびっくり。
すごい変身を遂げていました。
素敵なカフェが入っていて愛称もNARANICLE / ナラニクルに。
これは入ってみないと。

2017 06 10 nara4

これは食べてみないと。パフェの下の層は柿のペースト。
抹茶のクリームともよく合いました。
載っているマカロンも美味しかったですよ。
そして鹿クッキー。可愛い。奈良ならでは(´∀`*)

2017 06 10 nara5

またほてほて奈良を歩く楽しみが増えました。

『美女と野獣』くぎづけ!

6月に入りましたがまだなんとも涼しくて過ごしやすいですね。
でもあっという間に梅雨が来てじめじめかなー。
原稿用紙を愛するものとしてはちょっと切ない季節です。

HONKOWA霊障ファイルゴーストスポット特集 (ASスペシャル)に以前に描いた恐怖体験談が収録されております。
これはー…このお仕事に就いて三作目か四作目か…。ひゃーなつかしい(//>ω<)
ホラーですが一生懸命少女マンガを描こうとした絵柄です。お手に取ってくださった方、現在と見比べてみてくださいー。

あなたが体験した怖い話 2017年 07月号には「うしおんな」の後編が掲載されています。
コミック新耳袋に載ってからひとつ干支を回っての再録。舞台の甲山にも取材に行って描いたものです。

そしてミステリーブラン 2017年 07 月号に「黒猫貸します」の総集編が載っております。
うち一本は吞福と作家・三辻巴成の出会いのお話。
どれも楽しんでいただければ幸いです。


「『美女と野獣』見たいわ。連れてって」
と先月から母が言っておりまして。買い物もかねて某イオンモールに行ってまいりました。
『アナと雪の女王』を抜いてのヒットとか。素晴らしく面白かったです。
エマ・ワトソンの可愛いこと美しいこと。この人はスクリーンに映るために生まれてきたのじゃないかしら。
始まりから終わりまでまったく息をつかせぬ展開で、ストーリーは分かっていてもずっとワクワクしたままでした。
母もとても楽しんだようでエンドロールで大きな呼吸をひとつ。
以前に母が若い頃祖父と見たモノクロ作品の『美女と野獣』のことも話してくれました。
ジャン・コクトー監督の作品だったようです。詩人としてのイメージがありますが、多彩な芸術家なんですね。

母の夏の買い物も母の友人のバースデープレゼントも買えて良き一日になりました。

こんな美女と野獣はイヤだ

えへへ。面白かったのでつい一枚。笑っていただければ嬉しいー。

猫づくしの京都

先日京都で開催されている『いつだって猫展』に行ってまいりました。
お友だちのTさんと京都文化会館で待ち合わせて。

2017 05 kyoto 1

浮世絵の猫たちの何ともユーモラスな姿にニヤニヤ。
色んなポーズをただただ描きつくしてあったり、乙女と絡んでいたり。
いつの時代も猫を抱く少女は絵になるんでしょうね。

それにしても浮世絵の版画の見事な技。
女性の髷の美しさももちろんですが、猫たちの毛並みも素晴らしい。
白い猫の毛並みはわざわざ髪に型押ししてある念の入れよう。

それが特別な絵ではなく一般庶民に売られていたものなのだからほんとにすごいことだと思いましたわ。

2017 05 kyoto 2

6/11jまで開催しています。興味のある方はぜひ!

京都文化会館を後にして。
ちょっとTさんにお付き合いいただいて「だんのうさん」こと檀王法林寺にお参りに行きました。
ここは「黒猫貸します」を描きはじめた時から定期的にうかがっています。
今回は駆け足でしたがまたじっくり来なければ。

お参りできたことに感謝して京都駅方面に。
楽しみにしていたパンケーキのお店フルールに行ってまいりました。

2017 05 kyoto 3

もう、ふわっふわ!
ここまでどうやって柔らかく焼いてあるのー!?と感動いたしました。
でもナイフを入れても崩れたりしないのです。
チョコバナナ・パンケーキかキャラメルナッツ・パンケーキで悩みましたが。
キャラメルナッツ・パンケーキにいたしました。
甘いクリームも上品で満足の一皿でしたわ。

心もお腹も満足でTさんとそのあと美術館「えき」KYOTOで『岩合光昭写真展 猫の京都』を。

2017 05 kyoto 4

古都を歩く猫に、お茶屋さんで可愛がられている猫。
京都の田舎でおじいさんと一緒に暮らす猫。

優しく気高い猫たちにじっくり心つかまれました。
『世界ネコ歩き』もよく見ていますが本当に岩合さんの取られる世界には引き込まれます。


楽しい展示と、楽しいおしゃべりと、美味しいもので充実した京都の一日でした。
人生にはこういう日がなくてはねo(^▽^)o

箕面の滝

ちょっと前になりますが5月のGWのあとに箕面に行ってきました。
母と母の友人の小旅行を引率して箕面温泉に。
私は母たちの部屋のチェックインとサービスの確認をして日帰りで。
温泉に入ったあと久しぶりに箕面の滝へ。

前に上ったのは学生時代だからはるか昔(//>ω<)
新緑が綺麗でした。
ちょっと雨が降っていたのですがさらに緑に磨きがかかったようでどんどん滝の方向に歩いていきました。

2017 minooh 2

以前はお猿さんがいっぱいで観光客とのいざこざが絶えませんでしたが、今では餌場が山奥にあってほぼその姿は見ません。
平日だったしとても静かでどんどん歩いていけました。

2017 minooh 1

久しぶりの箕面の滝。綺麗な眺めでした。
水の音を聞いているといつまでもそこに居たくなるような静かな気分になれます。

2017 minooh 3

ただ。こんな感じの滝壺を見ると。

「泰っちゃーん!泰っちゃーん!」
「あの枡や漏斗には奇妙な印が付いていますね」
「嘉平さん、こりゃあんたがおやりんさったことかの?」
などと『悪魔の手毬唄』の名シーンが頭の中でぐるぐる。

ちょうど良い水量でした。
プロフィール

黒川晋

Author:黒川晋
主婦兼漫画描き。ローペースで仕事しております。
アッパーはUPPER。
仕事と家事に追われる日常ですが、ちょっとだけ気分は上向きで楽しく!

拍手をポチッと押してくださると、とっても嬉しい♪一言送っていただけると、なお嬉しい♪
メールフォームもぜひ、ご利用しちゃってください♪

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QR