黒猫、発動中でございます

11/13日発行の『ミステリーサラ12月号』に『黒猫貸します』の新しいお話描いております。
今回は黒猫呑福と作家・三辻巴成との出会いのお話。
ちっちゃい呑福が出できます。

『黒猫貸します』は呑福・万福・天福といつも三匹黒猫が出てきますが、今まで話の柱になったのは呑福と天福なので今度こそは丸々と福福しい万福をメインにしてみたいですわ。

sara-53

sara-52

新しいキャラクターは二人。
帆田雄大くんは三辻先生の担当編集者。これからも描けるとうれしいな。


昨年からデジタルでトーンの仕上げをしております。
最初はもたもたとしてましたが、やっと少し早くなったような。
でも直接トーンを貼る仕上げも好きなんですよね。
利便性を追うと何か物足りない。
ずっと気持ちが揺れたままですが、まずは締め切りに間に合わないといけませんから、それが最優先です。

春先から10月の下旬までずっと原稿で、家の中の片付けなど必要最小限で済ませていましたが、今月は色々片付けたり障子を張り替えたり年末に慌てないように活動しています。
と言っても結局12月は気ぜわしく動くことになるような。家事には限りも区切りもありません。
もうダイエットだと思うしか(ι-д-)

ダイエットと言えばファンケルのCM。
なんとも面白いわ(^▽^)
久しぶりに会った友人に向かってカロリミットを振るのは友達なのか友達じゃないのか厳しい愛を持った友達なのか。
カロリミット。飲んだことは無いけれど効くのかしら(o^。^o)
とりあえず目の前で振られたくはないわー。

今熱心なのはやっと週二回のペースで行けるようになった頸と肩の治療。
まだまだガチガチにこっていて、整形外科に通院中です。
「頸の筋がこり過ぎてまるで木のようですよ!絶対ダメです」
と施術してくれるマッサージの先生に言われてしまったのですが。
他の患者さんそんなことは言われてないので、きっと私の肩にはとても強力な『カタコリさま』が憑いているんだと思います。
職業柄というのもありますが、眼精疲労からも凝るのかなと。
原稿が手薄になっても結局本読んだり、パソコン作業したり、眼が休まる間はあまりないのですよねー。
「せめて身体を動かして、自主的に肩を動かしていこう!」
とこれから来る冬への誓いです!
スポンサーサイト

秋の彦根城

研修見学会で秋の彦根城に行ってきました。
以前から一度行ってみたいところだったので、期待いっぱいで朝からわくわくo(^_^o)(o^_^)o
ちょっと雨が降っていましたが、彦根に到着した頃にはすっかり晴れていて城の景観を楽しむことが出来ました。

2014hikone1

2014hikone2

廊下橋の下では小学生のガイドさんが各自作ったフリップで彦根城アピール。
写真が載せられないのは残念。

2014hikone10

天守閣の中の梁。すごい迫力。ごつごつした感じに頑丈で重厚な安心感がありました。

2014hikone9

天守閣から。もう少し晴れていればよかったのですが。
それでも紅葉が始まっていて良い眺めでした。

2014hikone3

見事な石組み。

2014hikone4

緑との対比が美しい。時間が止まったようです。

2014hikone11

楽しい見学でした。
しかしっ!天守閣の中の階段の急なこと急なこと!上るのも怖いけれど降りるのはさらに怖い!
そして小高い丘状態にある城見学はさんざん上ったあとに、どんどん下っていかないと戻れません。
不規則な石段付きの下り坂、降りきった頃に足がプルプルしてました。

2014hikone6

お城見学のあとはキャッスルロードを散策し、クラブハリエのバームクーヘンを買い。
たねやでもお菓子を買い。
そしてひこにゃんの焼印の入ったどらやきも買いました。

ツアーだったのでちょっと時間が少なかったのが心残り。なのでまたじっくり見学に行きたいです。

春先から夏中、そして10月いっぱいまで働きアリのように働いていたのですごく楽しみにしていた一日なのでした。

ああ。しかしもう始まっている筋肉痛。しばらくはふくらはぎが痛いはず。
原稿三昧でなまった身体も鍛えないと!


お仕事頑張ってました(*o*)

いやもう前回から三ヶ月以上も開いてしまいましたわ。
半年以上もうずっと原稿と格闘の日々でした。
今回はほんとに厳しかった!
「間に合うのか私!待ってもらえるのか私!」とかすごく怖い日々…。

なんとも肩と頸を傷めてしまったのが響きました。
右腕が痛くて痛くてペースがつかめず困りましたわー。
もう少し余裕を持って外出の予定なんかも立てていたのに、ほとんど仕事で過ごしてしまいました。
ほんとにこんなに苦労したお仕事は初めてでした。

その苦労の結晶がやっと本になりましたー!
『浅見光彦ミステリースペシャル20』実業之日本社刊
コンビニでも発売中です。よろしくお願いします(o^。^o)

姫島表紙

今回は表紙も描かせていただきました。

キャラクターもいっぱいで今回も描き分け大変!

姫島キャラ3

姫島キャラ2

姫島キャラ1

キャラクターの約80%が40代~70代の男性キャラだったので大変ながらも描き甲斐がたっぷりありました。
読んでいただけると幸いです。

本が無事発行されることは至福の喜びです。

まだまだ色々あったので書いていきたいと思います。