ちゃんとチョコを送ろうと心に決めた日

もう随分と前。
まだ独身でこの仕事に就く前で印刷会社のデザイン部で仕事をしていたときのことです。

もうすぐバレンタインという頃に部の先輩のU木ちゃん(先輩だけど同い年だったので、ちゃん)に聞きました。

私「ここはどうするの?バレンタイン。前の職場では女子が連盟で男子社員に送ってたんだけど」
U木ちゃん「は?バレンタイン?いらんいらんそんなん。くせになるわ」
私「えっせんの?」
U木ちゃん「せーへん」

そうか。ここはしないのか。まあそれは楽でいいなー。
同僚のTちゃんMちゃんも納得だったしで何も用意せずに2/14日バレンタイン当日を迎えました。

お昼ご飯を買いに行ったコンビニでU木ちゃんが「みんなちょっと小銭ある?」と。

U木ちゃん「全く何にもないのはちょっと淋しいからこれはどうやろ?」

U木ちゃんが手に取ったのは二口サイズの板チョコが四つ入った小さなパッケージ。
それを四人で割って買いました。たぶん30円づつぐらい(^∇^)
社に帰って、男子社員三人と社長の机の上に小さなチョコレートを置きました。

みんなどう言うだろ?なんやこれ、もっと大きなのないのか?とか言われるかな?
なんせ社長まで同じもの。男の人なら一口サイズやわ。
とか考えていたら男子社員と社長がお昼のランチから戻ってきました。

営業部長のYっさんが「なにこれ?おやつの差し入れ?」と聞いたので
U木ちゃんが「今日は一応バレンタインだから」と。

すると男子社員。と社長。一同満面の笑み。
「えっいいの?ほんとに?」とYっさん。
「ありがとう、嬉しいわ」と大喜び。
いつもは無口なY本さんやMくんもニコニコ。
「嬉しいなあーありがとうありがとう、うんうん」と社長も大事そうに食べてくれました。

言っておきます。当時は世の中バブル景気(歳ばれるわ(〃▽〃))
華やかなチョコレートは世の中に溢れておりました。
それなのにこんな小さいチョコにこんなに喜んでくれるなんて。
とちょっと女子社員一同恐縮してしまいました。

私「ねえU木ちゃん来年はせめて板チョコ一人一枚づつぐらい買おうよ」
U木ちゃん「うん、そうしようそうしよう!」
女子社員納得の決意でした。

これが今までで一番心に残っているバレンタインの思い出です(#^.^#)
こんなにチョコレートを喜んでくれたのは、あの時の男子社員三人と社長以上にはいないのでありました。

もちろん翌年はちゃんと一人ひとつづつ送りましたよ。板チョコでしたけどね。

スポンサーサイト

出ても出なくても子は育つ

最近何かと話題の母乳。

私は子供ができる前から…というか子供の頃から
「あんたは母乳と粉ミルクと両方で育ったわ。母乳だけじゃちょっと足りなかったのよ」
母にと言われていたので
「はーそんなもんか」
と思っていました。

だから最初なかなか母乳が出なくても
「そんなもんだろう。出たらいいし、出なかったら粉ミルクがあるもんなー」
と思っていたし
「昔だったら大変だよね。お母さんのお乳出なかったら赤ちゃん育たんし。今は人口乳で赤ちゃんが飢えに苦しむことないんだし。現代の日本に生まれて日本で生んで良かったわー」
とも思ってました。

母乳はとってもいいと思います。成分としても。
でも粉ミルクだって頑張っているし、赤ちゃんがお腹いっぱいなら幸せじゃないかと。

こんなのほほんと始めた保育でしたが、三ヶ月過ぎた頃から娘が全く粉ミルクを飲まなくなって慌てましたが。
まさか娘に追い詰められるとは。
母乳で食が足りているのか、体重は軽いけど大丈夫なのかと悩んでましたが、近所のベテラン奥様から
「機嫌良いんでしょ?よく眠ってるんでしょ?だったら大丈夫よー」
とアドバイスもらって楽になりました。

布オムツと紙オムツの話題。
子供にリードをつけるかどうかの話題。
実際育てている人が判断したらいいと。

一番大変な育てている人。
その負担や不安原因は少ないほうがいいに決まってますから。

14年前…あの頃私は変だった

 うんと年下のお友だちが、ただいま妊娠中。
 彼女の日記を拝読すると、自分が娘を妊娠していた頃、当時どうしていたかが思い出されて懐かしいです。
 ああ、もう十四年も前だよ…。

 妊娠初期は毎日が船酔い状態で、ひどいときは二週間ほどほとんど食べないで寝たままでした。
 ピークを過ぎた頃に強烈に欲しくなるもの…それは酸っぱいもの。
 特に柑橘系のものとトマトが欲しくて欲しくて。
 普通だったら顔をしかめるような夏みかん食べてました。
 グレープフルーツも食べましたが、なるべく甘くないもの…とりあえず酸味が効いているものを好んで。
 トマトも食べたなー。一ヶ月で一年分ぐらい?はオーバーかな…。
 ご飯も麺も肉も要らなかった。と言うより、全く受け付けませんでした。安定期に入るまで。

 で、そんな時は恐ろしく味覚が変わるんです。
 当時私がはまったのは、レモン果汁がたっぷり入った緑茶でした。
 一日に何杯も冷たい緑茶に、絞ったレモンをたっぷり入れて飲んでました。
 もう、それはそれは美味しくて!9月頃…まだ暑いときでした。

 つわり見舞いに来てくれた友人にも勧めたのですが、引きつった顔で丁重に断られました。
 母にも、祖母にも、夫にも。
 自分的には
「この世にこんな美味しい緑茶の飲み方があっただなんて!素晴らしいわ!」
 だったんですけどね。

 そのうち身体を冷やさないよう、暖かい飲み物に切り替えて、冬になって春先に子供を産んで…。そして夏…。

 久しぶりに飲んだレモン果汁入りの緑茶はこの世のものとは思えない、凄まじい飲み物でした。
 不味いなんて表現じゃあらわせない…うう。

 ホントあの頃どうかしていたわー。今となっては良い思いでなんですけどね。

プロフィール

黒川晋

Author:黒川晋
主婦兼漫画描き。ローペースで仕事しております。
アッパーはUPPER。
仕事と家事に追われる日常ですが、ちょっとだけ気分は上向きで楽しく!

拍手をポチッと押してくださると、とっても嬉しい♪一言送っていただけると、なお嬉しい♪
メールフォームもぜひ、ご利用しちゃってください♪

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QR