スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無理がある「娘が食べました」

母の入院記。続きです。

母の手術翌日。
ちょっとそこまで一人手で歩こうとして母が転んでしまったと看護師さんから夜の九時過ぎに電話が。
しりもちをついたのだけれど外傷も無く一応念のために撮ったレントゲンでも異常はないとのことでしたがやはり肝をつぶしました。
もう面会時間も過ぎてるしさて翌日行こうとしたら母本人からの電話。
「大丈夫だから仕事してて。もう絶対ちょっとしたことでもちゃんと看護師さん呼ぶから」と。
伯母が行ってくれて重々一人ではまだ動かないようにと注意をしてもらいました。

でもこの伯母。自分が股関節の手術した時「歩行器はまどろっこしい」と言って片足でケンケンしながら廊下を走って購買所に行く途中、五人の看護師さんに取り押さえられて病室に戻されたツワモノ。
なんか説得力が。な。

とにかくやっと締め切りを乗り切って母の病室にたどり着いたのは手術から10日後。
顔を見るとやはりほっと。
大きな手術ですがほぼどの人も翌日から痛み止めを点滴で入れながら歩行訓練をするのです。
ちょうどリハビリの時間だったので一緒について行ってリハビリする姿を見ていました。
今まで膝の痛みのために湾曲していた足の筋肉をほぐして伸ばして柔らかくしていくのはこれまた痛いらしく。
傷口も熱を持っているので痛いらしく。
なかなか大変そうでしたがリハビリの先生とおしゃべりしながら施術を受けていました。
やはりこういうとこにも笑いは必要で
「おしゃべりして笑ってると痛いのも分散するしあっという間に時間が経ちます」
とのことでどの先生方もおしゃべり上手で聞き上手でした。すごいなー。

施術が終わって歩行器を押して歩く母。
背筋が前よりしゃんとしていていい感じになってました。
母「一階のコンビニ行こう。椅子席もあるからアイス食べよう。食べたかったのよー」
私「ええのん?毎日血糖値測られてるのに?」
母「ちょっとならだいじょうぶ!」
そんな私たちの後ろ歩いていたのは担当のリハビリの先生。
にやっと笑って「聞かなかったことにしてあげます」と。

間食は絶対だめのお達しは出ていないしで小さいのを二人で交換しながら食べました。
そしてちゃっちゃとコンビニコーヒーの入れ方をマスターしてブラックのアイスコーヒーを飲む母の横で、初めてのコンビニコーヒーでもたつく私。
母「いつもリハビリの後でブラックのアイスコーヒー飲むのよ。病院の中暑くて暑くて」
なんとか退屈な入院生活を楽しもうと頑張っている母に頭が下がる思いで。
母の洗濯物を持って、次回持参するもののリストを書きとめて帰りました。

三日後、暑がりの母にタンクトップと半袖のTシャツと薄手パンツを持って病院に。
暑くて冷たいものが欲しいといってたなーと思ったのでカットフルーツを持って。
母「冷たいフルーツ!これは嬉しい!」
さっそく食べようとしたらさっと開くカーテン。担当看護師さんの検診でした。
母「これは娘が食べます」
看護師さんがニヤニヤと笑って「そういうことにしておきましょう」と。
そしてうまうまと二人で食べ終わった頃にもう一人の看護師さんが。
母「娘が食べました」
私「私が食べました」
看護師さん「そういうことにしておきましょう」
特に禁止されてるわけでもなく食べてもいい量なんですが、こんなやり取りをして。

食べたり飲んだりした食器を洗いに行こうとすると母に止められました。
母「私がするから。ヒマなのよ色々理由つけて動きたいのよ」
リハビリが続く母の最大の敵は退屈なのでした。
スポンサーサイト

母 決意の入院

三月半ば母が入院しました。

去年から治療を考えて進めてきた決意の入院。
右膝の関節をまるっと金属に変えてしまう【全人工膝関節置換術】という手術です。

母の右膝は軟骨が磨り減って歩くたびに痛み最近は立つのも痛い状態で。
注射でヒアルロン酸も入れていましたが痛い割にはあまり症状が改善せず。
しかし歩かなければ動かなければどんどん筋肉量は減って体全体の自由が利かなくなっていくのです。
それで昨年末に腹をくくって手術をする方向に決めました。
夫の母が手術を受けて動きやすくなったのを見たり、お友だちがやはり手術をして楽になった様子を聞いて母は決心がついたようです。
以前はテレビで手術の内容を見ては「無理!怖い」と言ってましたがそれより怖い膝の痛みになっていました。

二月に検診を受けてもうその日に三月半ばの手術の日が内定。
もちろん精密検査をしてからですが特に内臓疾患もなく血糖値がやや高めなことぐらいだったので手術日は内定から決定に。

正直三月末私の締め切りがアップした後だったらもっと良かったんですが、手術する先生の都合もあるので仕方がありません。

術日二日前に送っていって当日は朝からの手術に付き添いました。
カーテンを開けるといつものにこやかな様子。
「まあまあ。大丈夫やろう。説明もちゃんと受けたし」
とあっけらかんとしていた母の悩みは腕の血管が探されにくいこと。
ふくよかな体系なのもあるんですが静脈が出にくく点滴の針が刺さらなくて困ってました。
看護師さんが。そして母は痛くて。
なかなか血管が見つからず二箇所も三箇所も注射の痕が増える始末。
もうすぐ手術なのにとあせっていたらベテラン看護師長さん参上。
師長さんもかなり探されてましたが一発で点滴の針が入りました。さすが!

軽く手を振って手術室に入っていく母。
主治医の先生がニコニコしながら一緒に入っていきました。

さて母を見送った私。
手術が決まったさいに「ライブ映像見ますか?」と聞かれたので申し込んでおきました。
何でも見ておきたい物見高いもの描き。
「こちらのモニターでどうぞ」と小さな個室に通されました。
イメージとしては俯瞰で手術室を見られるのかなーと思っていたのですが。
映像は切開されていく膝のアップでした。ええ。ずっと。
骨が切られるところも、脂肪が吸われていくところも、人工関節が骨に打ち込まれていくところもずっとアップ。
モニターだけがある小さい小部屋で見ていたんですが、なんか椅子に座ることができずに立ったままモニターに釘付けになったり壁に向かったり。
でも全部きっちり見ました。見ましたとも。

途中から入ってきた娘は
「おおおおっっ、これは見られん」
同じく途中から入ってきた伯母は
「私平気。家族の手術も全部見たもの。自分のも」強心臓!

モニターからは音声は出ませんでしたが、手術中の母は半覚醒だったのでずっとコーンコーンと骨を切ったり金具を打ち込まれた音を聞いていたそう。
術後そんなことを話しながら成功にほっとした次第でした。

元気そうな母の様子を見て帰ってすぐに仕事に戻りました。
締め切り明けまで行けないから何ともそこは心配だったのですが、私の代わりに様子を見に行ってくれる伯母に甘えることにして。

のんびり二塔と薬師寺

四月に入って。
A先生とYさんとお花見がてら奈良散策を。
「法輪寺に行ってみたいです」とのことだったのでまずは法隆寺近くの古民家カフェでランチを。

竜田揚げランチが美味しくて。
けっこうなボリュームでしたがさくさくたいらげてしまいました。
思い出してもまたすぐに食べに行きたいー。

薬師寺ほか2018 4-2

法輪寺は散り初めの時。古木の桜が綺麗で椿も美しく咲いていました。
大きな木造十一面観音菩薩立像はとても迫力あるお姿で後ろの表情も拝顔できる展示となっています。

薬師寺ほか2018 4-3

薬師寺ほか2018 4-4

薬師寺ほか2018 4-5

その後法輪寺からほど近い法起寺に。
こちらの十一面観音立像も迫力があります。
いぜんお二人と法隆寺をご一緒したので今回は斑鳩の三塔のうち法隆寺じゃないほうのお寺を。
法隆寺のようにメジャーではないのですが、のんびりとしていていいのです。
法起寺は秋には周辺でコスモスがいっぱい咲いて美しいのでまた見に行きたいー。

薬師寺ほか2018 4-7

薬師寺ほか2018 4-6

二塔を後に。次は薬師寺に。
久しぶりに来たのですが、こんなに広かったっけかと改めて感動。
子供の頃から行ってましたがこんなにじっくり見たのは久しぶりだったなー。

薬師寺ほか2018 4-8

薬師寺ほか2018 4-9

薬師寺ほか2018 4-10

薬師寺ほか2018 4-11

入場時間が遅かったので全部拝観できなくて残念でしたか花と古寺と久しぶりのおしゃべりを堪能できて楽しかったです。
A先生Yさん、またご一緒しましょう\(^o^)/

散策後には薬師寺近くの天平庵でボリューミーな三笠パフェを。
美味しかったー!

薬師寺ほか2018 4-12

奈良町の桜 東大寺の桜

秋篠川の桜を楽しんだ翌日。
今年の桜は早い早い。急げ急げと奈良町と東大寺の桜を楽しんできました。

まずは元興寺小塔院跡。
ここはメジャーな観光ルートじゃないので人は少ないのですが、それがまた風の音しかしなくていいんです。

奈良町 東大寺2018 04-1

奈良町 東大寺2018 04-3

奈良町 東大寺2018 04-2


静けさを堪能して次は御霊神社の枝垂桜。
可愛らしいちょっと濃い目の桜色です。
綺麗で清々しい神社です。
こんな言い方は変かもしれませんがコンパクトな敷地に本殿と境内社の配置がとても素敵。
植木もきれいに手入れされていて境内社が独立したひとつの神社のような風情です。
美しい扁額のかかった鳥居も見所なので奈良町に行かれたさいはぜひお参りしてみてください。
http://www.naramachiinfo.jp/places/detail_27.html

奈良町 東大寺2018 04-4

奈良町 東大寺2018 04-5


御霊神社を後にして、すぐ近くにある元興寺塔跡へ。
ここには毎年見たい大きな桜の木があるのです。
境内に入るとちょっと異界に入ったような雰囲気で時間の流れがゆっくりになったよう。
散り初めの頃はさらに幻想的です。

奈良町 東大寺2018 04-6

奈良町 東大寺2018 04-7


奈良町はまだまだ見たいところがあるのですが、ちょっと堪えてなら交通のぐるっとバスで東大寺二月堂へ。
もうね、ここからの眺めはほんとに一年を通じて素晴らしいです。

奈良町 東大寺2018 04-8

奈良町 東大寺2018 04-9

奈良町 東大寺2018 04-11

春日野園地方向に降りていくとそろそろ日が傾いて桜がまた幻想的で綺麗でした。

奈良町 東大寺2018 04-12

奈良町 東大寺2018 04-10

駆け足でしたが奈良町の桜東大寺の桜本当に綺麗でした。

そしてまだ。まだまだ花を追っかけては続きます。

川沿いの桜 満開

今年の桜は早かったような気がします。

三月末。仕事が推して「まだ満開にならないでー!」と願いながらせっせと原稿描いてました。
何とかアップしてやっとほっと外出できて奈良の秋篠川沿いの桜を。

綺麗でしたー。
春の陽気が暑いぐらいでしたが川風が涼しかったです。

秋篠川2018 04-1

秋篠川2018 04-2

秋篠川2018 04-3

秋篠川2018 04-4

こんなに綺麗なんだもの。
やはり春には桜を堪能したい。
目がチカチカして鼻がムズムズしても素敵な季節です。

まだまだ行きましたお花見。
まだまだアップします(^-^)/

プロフィール

黒川晋

Author:黒川晋
主婦兼漫画描き。ローペースで仕事しております。
アッパーはUPPER。
仕事と家事に追われる日常ですが、ちょっとだけ気分は上向きで楽しく!

拍手をポチッと押してくださると、とっても嬉しい♪一言送っていただけると、なお嬉しい♪
メールフォームもぜひ、ご利用しちゃってください♪

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。