頑張ってました

ひゃー。ブログの更新久しぶりです。8月からずっとお仕事してました。
こんなに詰めて描いていたのはうーん何年ぶりだろう。

いつもは二ヶ月毎にちょっと緩やかな時期がありますがミステリーサラ2017年11月号掲載の「黒猫貸します」を描いた後に姉妹誌のミステリーブランへの前後編の読み切りをせっせと描いていました。

慟哭の先に予告カット

「慟哭の先に」ただいま発売中のミステリーブラン12月号に前編が載っております。

主人公は地方新聞社の記者志田順一郎。
保育園児が行方不明になる事件を追います。
自分の過去にも繋がる事件を彼はのちに一番最初に全てを知ることに。

8月に「前後編でミステリーのお仕事を」とお話を戴きまして。
以前から書き留めていたストックからネタを引っ張ってきました。
長いお話なのでなかなか描くチャンスがなく10年ぐらい寝かせていまして。
フリーライターで女性の主人公としてあらすじを書いていましたが、話を整えていくうちに男性目線のほうがすっきりするなと思って変えていきました。
思い入れもあるので(なんせ10年モノ)もっと手をかけたかったなーとか、もう少し描き足したかったなーとも考えましたが話を集約していい方向にまとめられたかなとも思います。

実は社会人として一番最初に就いたお仕事が新聞記者でした。
と言っても取材に行くのではなく、もらった記事を読んで見出しをつけて写真やイラストと共に誌面に組んで仕上げていくお仕事。
そういう仕事も記者なのだとそのときまで知りませんでした。
私は家庭面担当でほんわかした誌面でしたが、他の誌面の地図やイラストやグラフなども描いていたのでけっこう忙しかったです。
コンピューターもいっぱい有りましたがアナログな仕事もいっぱいでしたわ。

今はずいぶん紙面の作り方も変わったんだろうなーと思いつつ当時のことを思い出しながら慌しくも楽しんで描きました。

後編はミステリーブラン1月号(2017 12 01発売!)に載ります。

もうすぐ発売です。よろしくお願いします。

さてちょっとハードな三ケ月でしたがちょっと休憩して次回はまた黒猫たちのお話を描きます!

スポンサーサイト

10周年ですってよ!

ミステリーサラ2017年11月号が発売されました。
創刊10周年ですよ!なんてめでたい\(^o^)/
2008年の11月号に初めて「黒猫貸します」が掲載されそののち「彼岸渡航査定人」シリーズや読みきりミステリーを描いております。
今もその号は宝物。しっかり持っております。

ミステリーサラ2017 10 21 sara-74

うおっ。やはり今と絵柄が違うー!

ミステリーサラ2017 10 21 sara-75


今回で「黒猫貸します」は18作目。 よろしくお願いします。

ミステリーサラ 2017 10 21 sara-72

今回は特別企画で黒猫たちに関するインタビューコーナーもあるんですよー。

ミステリーサラ 2017 10 21 sara-73

これからもますます頑張ります。

がっ!

ただいまはミステリーサラの姉妹誌ミステリーブランで前後編の読み切りを執筆中です。
いつもよりシリアスなお話でいつもより長いページ数で頑張ってます。
前編が11月2日発売のミステリーブラン12月号に掲載されますよろしくお願いします!

夏はまだまだ!

もうそろそろ夏休みも終わり。なんて季節なのに熱帯夜にお苦しみの皆様。

怖い話で一息ついてくだされ(´ω`人)

ミステリーサラ九月号まだまだ発売中。
久しぶりのホラー「来る女」が掲載されてます。

ミステリーサラ 2017 09 01.jpg

ミステリーサラ 2017 09 02.jpg

あなたが体験した怖い話もまだまだ発売中。
『新耳袋シリーズ』から「お迎え」が再録。

anakowa 2017 09

HONKOWA泣ける動物霊特集もまだまだ発売中。コンビニで買ってね!
猫が健気な「三つの心」が掲載されてます。

honkowa 2017 07

秋風はまだ吹きませんよ。怖いお話でぞっとしましょう(〃▽〃)

ただいま発売中です

ミステリーサラ 2017年 7月号ただいま発売中です。
「黒猫貸します」の最新作が載っております。

2017 06 14 三辻と三匹

今回もドタバタがあって。ほろっとして笑っていただけると嬉しいです。
「黒猫貸します」はミステリーですが基本ほのぼの路線で描いております。
少しシリアスな方向のお話も考え中。
近々お披露目できれば嬉しいです。

ただいま発売中のミステリーブラン2017年7月号にも「黒猫貸します」の総集編が載っております。
こちらもどうぞよろしく。

あなたが体験した怖い話7月号には新耳袋「うしおんな」の後半が。
HONKOWA〈霊障ファイル・ゴーストスポット特集〉2017年6月号には読者体験談「恐怖は雨音とともに」が再録されています。

くぐっと宣伝させていただきました( ̄^ ̄)ゞ
どの本も楽しんでいただけるとうれしいなー♪

さてただいま久しぶりに。ほんとに久しぶりにホラー漫画を描いてます。
ミステリーサラ9月号に掲載予定です!


あの日の甲山

3月24日に発売されました『あなたが体験した怖い話』5月号に「うしおんな」前編が掲載されています。
まだまだ発売中です。よろしくお願いします!

このところ資料写真や画像ををわかりやすく整理してます。
フォルダの多さにちょっと気が遠く((((;゚Д゚)))))))

うしおんなを描いた当時に参考のために撮った写真もいっぱい出てきました。
2005年頃に撮ったものです。
そういえば最初に使ったデジカメだった…時の流れを感じるなー。うーん12年前。
前回の酉年だったかー!色々くたびれるはずだよ!

yashiro 1 2017 4 6

モデルにしたお社は春日大社にあったものを参考にさせていただきました。
食品会社が奉献されたかわいいお社です。
その前に高野山で資料写真を撮ったときにちょっと怖いめの写真が写ってしまったので、なるべくなんというかパワーが明るいだろうなーというお社を撮らせていただきました。

作品では幽霊をふたり乗せてしまいましたが。

kabutoyama 1 2017 4 6

なだらかな甲山。本当に丸い甲を伏せたような形です。
でも由来は「仲哀天皇の御代に神功皇后が国家平安守護のために、山に如意宝珠・金甲冑・弓箭・宝剣・衣服等を埋めたと伝えられたことから甲山と名付けられた」ともあるそう。

kabutoyama 10 2017 4 6

その麓にある甲山自然公園。入口も広々。
甲山の取材がてらに当時小学3年生だった娘を連れてピクニック気分で行ったのでした。
おにぎり作ってお弁当持って楽しかったなー。
園内は遊具もあって取材前と後に娘とたっぷり遊びました。

kabutoyama 2 2017 4 6

中からもくっきり甲山が。
真ん中の白い像は噴水の中に立ってまして。
当日は五月でちょっと暑かったので噴水の傍は気持ちが良かったです。
見た瞬間に娘は靴下を脱いで水に足浸けてましたわ。
ほかの親子連れも大はしゃぎ。
ちょっと濡れてもすぐに乾く日差しでした。

kabutoyama 4 2017 4 6

甲山山頂はこんな感じ。
整備されていて公園になってました。
ここまで上るのがなかなか大変で息が上がりましたが小学生だった娘はたかたか走って上っていました。

kabutoyama 5 2017 4 6

甲山山頂からの眺め。
そんなに高い山ではないのですが眼下に広がる町が綺麗でした。
くだんちゃんも見たのかしら。

kabutoyama 3 2017 4 6

kabutoyama 9 2017 4 6

甲山の麓の神呪寺。広い境内でした。

kabutoyama 6 2017 4 6

kabutoyama 8 2017 4 6

うしおんなが出るというシーンは甲山を下りながら写真を撮ったのですが山道は細くて膝ががくがく。
途中で迷ってないか不安になりましたが無事神呪寺まで戻りました。
ちょっと怖かったです。転げ落ちそうで。

娘と一日中あっちこっち楽しい小旅行でした。いい思い出だなー。
怖いまんが描くための取材だったんだけど(^∇^)

ushi 1 2017 4 6

ushi 2 2017 4 6

別日に牛の写真も取りに行きました。

ハーベストの丘でジャージー牛のマライアを。
娘のキャリーも撮りました。
今ハーベストの丘のHPを見ると立派になったキャリーの写真が。
マライアはもういないようです。
やー…やっぱり12年経ったんだなー。

娘も今年で二十歳だもんな。しみじみw( ̄o ̄)w
プロフィール

黒川晋

Author:黒川晋
主婦兼漫画描き。ローペースで仕事しております。
アッパーはUPPER。
仕事と家事に追われる日常ですが、ちょっとだけ気分は上向きで楽しく!

拍手をポチッと押してくださると、とっても嬉しい♪一言送っていただけると、なお嬉しい♪
メールフォームもぜひ、ご利用しちゃってください♪

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QR